ライト文芸とは

基本的に同じカテゴリ

最近、ライト文芸という単語を見かけます。他にも、キャラ文芸、キャラノベ。キャラミステリ、ライトミステリ、新文芸などの言葉もあります。これらは、基本的に同じカテゴリの小説です。

まとめ

ここでは、総称して、ライト文芸と呼ぶことにしてみます。 ライト文芸をまとめると次のような呼称があります。

位置づけ

従来のラノベ(少女向けレーベルも含む)と、従来のミステリ・青春小説・一般文芸との中間的な存在です。つまり、従来のラノベ読者が歳をとったため、生まれたジャンルとも言えます。

主な傾向

キャッチーなイラストなど

ライト文芸の主な傾向は、次の通りです。

読者層

ビブリア古書堂

ライト文芸は、メディアワークス文庫の「ビブリア古書堂」が人気の始まりともいわれます。メディアワークス文庫は、もとは電撃文庫という一〇代男性向けのレーベルから派生したレーベルです。それが、ビブリア古書堂で女性人気をつかみました。

2:8か3:7くらいで女性向け

現在では、女性ファンの方が多くなっています。2:8か3:7くらいで女性向けとなっているようです。
主な内容

ライトミステリが多い

主な内容は、「お仕事もの」「妖怪(あやかし)」「ライトミステリ」「恋愛」が「主流です。とりわけ、ライトミステリが多いようです。
サイトナビ

MENU

ラノベまとめ買い

ラノベまとめ買いMENU

更新情報

Page Top ↑
「とある魔術の禁書目録」全巻セットのまとめ買い情報をご紹介しています。
漫画まとめ買いドットコムのトップページです。
Copyright (C) manga-matomegai.com All Rights Reserved.