なろう系漫画を安く買う

なろう小説が原作

なろう系漫画とは、小説になろうで人気を博した小説をコミカライズしたものです。 なろう小説は、人気作品なら、ほとんどがコミカライズされています。

なろう系漫画は、紙書籍で出版されたものは、たいてい電子書籍のKindleなどでも読むことができます。
なろう

古本を安く買うには

なろう系漫画の紙書籍の方は、古本としても販売されています。オンライン書店で古本をまとめ買いすると、お得に購入することができます。

まとめ買いなら送料無料

ネット通販の場合、やはり送料がネックとなります。 まとめ買いなら、一定金額以上だと送料無料になるのがメリットです。

管理人が使うネット書店

管理人が主に使っているネット書店は、駿河屋が中心で、ネットオフも時々活用します。 駿河屋

紙書籍と電子書籍の比較

安く買うのが目的なら

ところで、漫画の場合、紙書籍とKindleなどの電子書籍のどちらが良いか、と言う比較がよくあります。 結論から言えば、安く買うことを目的とするなら、紙書籍の方がコスパはよいと言えます。

古本のメリット

まず古本のメリットとしては、電子書籍よりも安く買えるという点が大きいです。 電子書籍は新刊しかないためです。

売却できる

また古本の場合は、買ったものを買取サイトで売ることもできます。 人気商品でしたら、駿河屋など高価買取をしてくれるネットショップに、ダンボールに入れて宅配すれば、それなりの金額で買取をしてくれたりします。

メルカリやヤフーオークション

またメルカリやヤフーオークションなどのフリマに出品するという手もあります。 メルカリの場合、梱包や発送の手間や、10%の手数料、送料がかかります。

買取することまで考えると、実際の価格以上に安い値段で読むことができます。

古本のデメリット

一方、古本のデメリットとしては、やはり場所を取るという点があげられます。 持ち運びも不便です。電子書籍なら、タブレットに何百冊も持ち運べます。

これについては、人それぞれといえます。

電子書籍の場合

メリット

一方、Kindleや楽天Koboなどの電子書籍の利用のメリットとしては、やはり場所を取ない、というのが挙げられます。
またタブレットに入れておけば、何百冊だろうと、どこへでも持ち運びできます。 さらに、いつでもどこでも気軽に読める、という点が大きいです。 液晶画面なら、暗い場所でも読めます。

お得なクーポン

また電子書籍には、各書店から発行されるお得なクーポンがあります。 うまく活用すれば、それなりにお得に買えます。

デメリット

電子書籍のデメリットといえば、やはり古書という概念が存在しないので、新刊価格での購入ということになります。

また、古本のように、読み終わって売ることもできません。 買い切りという形になります。

紙書籍と電子書籍の比較のまとめ

というわけで、紙書籍と電子書籍の比較をすると、一番コスパが良いのは、読んだらそのまま駿河屋なりメルカリ内にて販売することを考えると、古本かもしれません。
電子書籍

オンライン書店の比較

電子書籍

電子書籍の場合は、Kindleか楽天Koboが主なオンライン書店です。 eBookJapanイーブックジャパン、ハイブリッド書店honto、BookLive!、BOOK☆WALKERなどでもお得に買えます。

主なオンライン書店

Kindle Amazonの電子書籍ストア。専用端末「Kindle」を使って読みます。 Amazonプライム会員になるとお得です。
楽天kobo 楽天市場の電子書籍サービスも充実しています。楽天ポイントの還元率が高いので、楽天ユーザーならお得に活用できます。
ebookjapan ebookjapanは、漫画を中心に豊富な品揃えがあります。 Yahooの子会社となっています。
honto 電子書籍と紙の書籍のハイブリッド総合書店「honto」は、 ビーケーワンと合併して出来たネット書店です。丸善、ジュンク堂、文教堂などの店舗と連動しています。
BookLive! 凸版印刷が運営しています。お得なクーポンがあります。 無料試し読み、1巻まるごと無料といったサービスもあります。

古本

古本の場合は、Amazon、ネットショップ駿河屋、ネットオフあたりがおすすめです。 管理人も、駿河屋やネットオフで購入することが多いです。

メルカリやヤフーオークションの場合

メルカリやヤフーオークションで購入することもできます。 価格設定は、駿河屋やネットオフとそれほど差はないようです。

また古本の状態についても、メルカリやヤフーオークションは素人が扱っているので、場合によってはあまり良くなかったりします。

もしそれなりの状態の古本を手に入れたければ、やはり駿河屋、Amazon、ネットオフなどで購入するのが良いと思います。
買取

駿河屋、ネットオフで売れる

古本の買取サイトについては、駿河屋、ネットオフで売ることができます。 また、買取価格はオンライン書店ごとにまちまちですので、一応主なオンライン書店のサイトをすべてチェックして、比較してみると良いと思います。

オンライン書店系の買取サイトは、駿河屋が安定してお得ではないかと思います。

フリマアプリ

中古コミックの場合、メルカリ、ヤフーオークション、ラクマなどのフリマアプリで売却することもできます。
サイトナビ

なろう系のまとめ

まとめ買いMENU

ライト文芸

更新情報

Page Top ↑
なろう系漫画を古本で格安購入するための解説をしています。
漫画まとめ買いドットコムのトップページです。
Copyright (C) manga-matomegai.com All Rights Reserved.